医療脱毛で跡になる可能性

医療脱毛で跡になる可能性

医療脱毛で跡になる可能性 医療脱毛を受ける場合に跡に残る可能性はあるのかという疑問を持つことがありますが、実は安全性に優れていると言われている医療脱毛でも跡に残ってしまうことがあります。それまで何度も受けてきて問題が無かったのに、急に現れてしまったという場合には、日焼けをしたことが原因と見て間違いなさそうです。
元々脱毛中は日焼けをすることは厳禁だとされていますが、夏場などはついうっかり無防備な状態で紫外線を浴びてしまうこともあります。しかし、日焼けによって肌が変色した状態ではムダ毛に当てるはずのパワーが皮膚の方にもいってしまい、思わぬやけどが引き起こされる恐れがあります。その後にどのような経過をたどるのかは人それぞれであり、どんどん薄くなる人もいれば、色素沈着として長く残ってしまうケースもありますので、十分にに注意しなければなりません。スタッフの人が紫外線を浴びないようにという忠告をするのには理由があるというわけです。

あざがあると断られてしまうのか

あざがあると断られてしまうのか 医療脱毛は、ムダ毛に含まれるメラニン色素に反応するレーザーを照射することで脱毛をする方法です。エステサロンで使う光脱毛よりも、照射する光線の出力が強いのでより高い効果を得ることが出来ます。しかしあざがあるときには注意をしなければいけません。
その理由はどこかに強くぶつかってできたものであれば皮下出血をしたものが見えている状態なので軽いものであれば施術が可能です。生まれつきのもので青や茶色いものであれば、メラニン色素が集まって出来たものですから、医療脱毛のレーザーに反応して火傷をしてしまうおそれがあります。ですから、色のついている部部分を避けて医療脱毛をするか、いったんあざを治療して綺麗な状態にしてから施術をしてもらうようにしましょう。あるいは、電気鍼を使ったニードル脱毛であれば、手間はかかりますし現在生えているムダ毛しか処理できないですが、メラニン色素の有無は関係ありませんから、そちらを検討してみると良いでしょう。

新着情報

◎2018/12/10

医療脱毛で跡になる可能性
の情報を更新しました。

◎2018/8/6

自己処理の負担が減ります
の情報を更新しました。

◎2018/4/3

医療脱毛の歴史
の情報を更新しました。

◎2018/1/17

脱毛で痛みが出やすい部位は?
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

ワキの色素沈着とおさらば!
の情報を更新しました。

◎2017/9/8

サイトを公開しました

「脱毛 あざ」
に関連するツイート
Twitter